〔REPORT〕サウンドステーションin豊南市場「冬晴の調べ〜弦楽器とピアノによる」

チェロは田中睦さん、ヴィオラは谷口響子さん。どちらも大阪音楽大学弦楽器専攻2年生です。ピアノはミュージッククリエーション専攻2年生の松尾和馬さんです。

豊南市場はリハーサルの時から地元の方達で賑わっています!本番が始まると演奏を聴いて沢山のお客様が!

曲はチェロとヴィオラの2重奏からそれぞれのソロ曲、3人のアンサンブルまで色んなパターンがありました♪
楽器紹介コーナーでは、チェロとヴィオラのそれぞれの楽器の特徴や違いを知れて初めて聞く私もしっかり楽しめました^ ^

楽曲はサン=サーンスの「白鳥」といったクラシックで有名な曲から「トトロ」といった子供まで楽しめる幅広い曲が盛り沢山!
楽曲説明があったので初めて聴く曲も情景を浮かべながら聴くことができました♪

最後は12月のクリスマスらしく「戦場のメリークリスマス」とアンコールには「ジングルベル」で、お客さんも手拍子を鳴らして盛り上がって、庄内らしいアットホームさが感じられました♪

12月の外での演奏でしたが寒さも感じないくらい心温まる演奏であっという間に終わってしまいました⭐️

(執筆:高純蓮)